経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
岐阜県
紅葉の輝き、湯煙に浮かぶ 新穂高温泉 印刷
2016年 10月 30日(日曜日) 14:06
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の新穂高温泉一帯で20日、紅葉のライトアップが始まったと岐阜新聞が報じた。試験点灯が19日に行われ、赤や黄に葉を染めた木々が湯煙の中に浮かび上がった。「新穂高紅葉散策-夜空を楽しむ会-」と題し、同温泉郷観光イベント実行委員会が実施。蒲田川沿いの公衆浴場「新穂高の湯」周辺をはじめ、中尾地区の温泉街や地獄平砂防堰堤に約130基の投光器を設置している。
 
日本刀を謝礼品に 関市の「ふるさと納税」 印刷
2016年 10月 07日(金曜日) 09:36

岐阜県関市はふるさと納税の謝礼品に、10月3日から関の刀匠の手による日本刀を加える。本年度から小刀を追加していたが、今回は刃渡り72センチ前後の本格的な日本刀。市は「関市の謝礼品としては『伝家の宝刀』」と位置づけている。市によると、日本刀を謝礼品にするのは全国初。小刀の人気が高いことや、これから年末にかけてふるさと納税申請が増えることから、日本刀を採用することに決めた。

 
飛騨家具の「今」一堂 高山市でフェス開幕 印刷
2016年 9月 12日(月曜日) 23:28

飛騨地域の木工メーカーが手掛けた新作家具などを一堂に展示する「飛騨の家具フェスティバル」(同実行委員会、飛騨木工連合会主催)が7日、岐阜県高山市千島町の飛騨・世界生活文化センターで開幕した。洗練されたデザインの家具が来場者の目を引いている。メインテーマは「永続性~人と共に、時を重ねる家具~」。同連合会加盟の16の企業などがブースを設け、新作の椅子やテーブル、照明器具など約2千点を展示している。

 
「郡上」は来場者減 徹夜おどり、「白鳥」は増 印刷
2016年 8月 23日(火曜日) 10:28

岐阜県郡上市八幡町の「郡上おどり」と同市白鳥町の「白鳥おどり」の徹夜おどりの来場者数が18日公表された。来場者は、郡上おどりは約20万1千人(昨年比約8千人減)、白鳥おどりが5万人(約7千人増)だった。郡上おどりは13~16日の4日間で、運営委員会によると「曜日の並びが影響したのでは」という。

 
3D複製で木材加工 飛騨木工連など 家具量産へ新型機械開発 印刷
2016年 7月 28日(木曜日) 20:03

飛騨木工連合会(岐阜県高山市)と県生活技術研究所(同)は、木製品の原型の形を計測・データ化し、削りだして複製する木材加工機械「3Dスキャニングコッピングマシン」を、市内の機械製造共栄製作所と共同開発したと岐阜新聞が報じた。原型の素材を選ばず、低コストで短時間での複製が可能。中小規模の木製家具メーカーなどでの活用が期待できるという。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

6 / 12 ページ