経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
岐阜県
計算の天才少女、快挙 珠算・暗算中部大会総合V 印刷
2017年 9月 20日(水曜日) 21:50
岐阜大付属小学校5年で、珠算、暗算ともに日本珠算連盟十段の不破花菜さん(10)が、名古屋市で今月3日に開かれた大会「そろばん・あんざん中部カップ」で大人や高校生など並み居る強豪を破って総合優勝した。同大会で小学生が総合優勝するのは初めてで、不破さんは「優勝を狙っていたのでうれしい」と話している。
 
窯業原料「売れなくなり投棄」 中央道土砂崩れ 印刷
2017年 8月 28日(月曜日) 19:24

岐阜県瑞浪市釜戸町の中央自動車道で発生した土砂崩れで、斜面に不要な窯業原料を投棄していたとされる市内の窯業原料製造会社「丸釜釜戸陶料」が、「保管目的で置いた窯業原料が不況で売れなくなり、袋にこけが生えるなどして徐々に投棄する量が増えた」と認識していることが25日までに、同社への取材で分かった。水野辰英会長は「製品は規格外でも再利用して使える可能性が高く、現場に積み上げていた」と説明。「先代からの慣例になっていた」と釈明している。

 
「鮎の日」味わう 県内各地でイベント 印刷
2017年 8月 03日(木曜日) 18:41
県魚「鮎」への関心を高めるために岐阜県などが定めた「GIAHS(世界農業遺産)鮎の日」の7月23日、各務原市川島笠田町の河川環境楽園や長良川流域4市で、鮎のつかみ取り体験など多彩なイベントが開かれた。鮎の日は、一昨年末の「清流長良川の鮎」の世界農業遺産認定を機に、県や漁業関係者らでつくる「世界農業遺産『清流長良川の鮎』推進協議会」が毎年7月の第4日曜日に制定。第2回の今年は同園で18、流域4市や県外などで22のイベントが行われた。
 
移住と起業、一緒に実現 郡上市が来春、新プロジェクト 印刷
2017年 7月 13日(木曜日) 19:09
岐阜県郡上市は6日、都市部の若者を呼び込み、移住と新規事業につなげるためのプロジェクト「郡上カンパニー」を来年4月に立ち上げると発表した。起業意識の高い都市部の30歳前後の若者10人を受け入れて、約3年かけて地域資源を生かした新事業を立ち上げてもらう。新規事業は郡上市民や市内事業者の提案に基づくのがポイント。
 
ハナショウブあで姿 県百年公園 印刷
2017年 6月 20日(火曜日) 17:57
岐阜県百年公園(関市小屋名)のハナショウブが見頃を迎えている。白や紫などカラフルな花が咲きそろい、来園者が写真を撮るなどして楽しんでいる。園内のしょうぶ園(広さ約1300平方メートル)には、約100種約2万株のハナショウブが植えられている。今月に入って徐々に咲き始め、現在はほとんどの株があでやかな花を付けている。また、周囲にはアジサイの花も咲き、美しさを競っている。同公園事務所によると、強い雨が降らなければ今月いっぱいは楽しめそう。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

3 / 12 ページ