経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
奈良県
奈良市総合観光案内所リニューアルオープン 「多言語」「多宗教」に対応 印刷
2015年 12月 16日(水曜日) 00:00

JR奈良駅前にある旧駅舎を利用した奈良市総合観光案内所が、外国人観光客へのサービスを強化しリニューアルオープンしたと産経新聞が報じた。日本政府観光局が認定する外国人観光案内所の最高ランク「カテゴリー3」取得を目指し、多言語対応のほか、8通貨を扱う外貨両替機、イスラム圏の観光客用の祈祷室も整備。来夏までには大手コーヒーチェーン「スターバックスコーヒー」も出店する。

最終更新 2015年 12月 16日(水曜日) 09:17
 
2000年前の石器類ずらり 奈良「唐古・鍵考古学ミュージアム」で企画展 印刷
2015年 11月 21日(土曜日) 00:00

わが国有数の弥生集落跡の唐古・鍵遺跡で見つかった石器類を集めた企画展「弥生遺産III」が、田原本町の唐古・鍵考古学ミュージアムで開かれ、鉄器が普及する以前の約2千年前ごろに、武器や生活道具として使用されたさまざまな石器を見ることができると産経新聞が報じた。唐古・鍵遺跡で出土する石器は、奈良・大阪の府県境の二上山や耳成山、紀ノ川流域で産出する加工しやすいサヌカイトや流紋岩、結晶片岩で作られている。

 
奈良で伝統行事「鹿の角切り」始まる 勇壮な勢子の姿に歓声 印刷
2015年 10月 30日(金曜日) 00:00

春日大社境内の鹿苑角切り場で10月10日、秋の伝統行事「鹿の角切り」が始まった奈良経済新聞が報じた。「鹿の角切り」は、発情期を迎えて気性が荒くなった雄鹿が突き合って死傷したり、人に危害を加たりしないようにと行っているもので、江戸時代から続く奈良ならではの伝統行事。

最終更新 2015年 10月 30日(金曜日) 09:16
 
広重の「名所江戸百景」一堂に 奈良県立美術館で企画展 印刷
2015年 10月 09日(金曜日) 20:17

多色摺りの浮世絵版画「錦絵」の誕生から今年で250年となるのにあわせた企画展「浮世絵版画 美の大世界」が10日から、奈良市の県立美術館で開かれると各紙が報じた。東洲斎写楽や葛飾北斎の鮮やかな浮世絵版画など205点を展示。歌川広重の「名所江戸百景」は前期と後期に分け、全118点を並べる。錦絵は明和2(1765)年に生まれ、庶民がカラーの印刷物を目にできるようになった。節目の今年は「あべのハルカス美術館」(大阪市阿倍野区)でも同時期に米・フィラデルフィア美術館の名品展が開かれ、両館では観覧料の割引などで連携するという。

 
南部経済研究所の4-6月期地元企業動向調査によると 印刷
2013年 9月 30日(月曜日) 16:07

一部に弱い動きがみられる。

県内企業の景況感のDIは前回調査比4.7ポイント上昇し△13.6と3期連続で改善。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

10 / 13 ページ