経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
栃木県
外国人観光客に快適なネット環境 栃木県など無料Wi-Fiカード配布 印刷
2015年 10月 20日(火曜日) 22:54

県とNTT東日本などは15日から、県内を訪れた外国人観光客にWi-Fiカードを配布し、無料で14日間、インターネットを利用できるサービスを始めると産経新聞が報じた。宇都宮市も同日から無料カードを配布、日光市では平成25年10月からサービスを提供している。このサービスは県が今年度、外国人観光客誘致のため進めている施策の一つで、近年、スマートフォンやタブレット端末を使って訪問先の情報を得る訪日外国人観光客が多数を占めることから、インターネットのWi-Fi環境の整備が急がれていた。

 
宇都宮で「木下大サーカス」 56年ぶりの公演 印刷
2015年 10月 09日(金曜日) 20:12

宇都宮の清原工業団地内特設会場で9日、「木下大サーカス宇都宮公演」が開催されると宇都宮経済新聞が報じた。今年で創立113年を迎え、国内最大規模を誇る同サーカス団。宇都宮での開催は56年ぶり。同公演のために、清原工業団地内の約6ヘクタールの空き地に、2000人が収容できるテントと大規模な駐車場を用意する。木下サーカスの渡部桃子さんは「戦前は全国にサーカス団があったが、戦後テレビなどの娯楽に押され次第に減ってしまった。昔から続いているのは当団体だけ」と話す。

 
とちぎネットワークファンド設立 印刷
2013年 9月 30日(月曜日) 15:56

一部に持ち直しの動きがみられる。

8月29日、「とちぎ中小企業支援ネットワーク」は中小企業再生ファンド「とちぎネットワークファンド」を設立。県内中小企業の債権を買取りによる借り入れ負担の軽減など、企業の経営改善や事業再生を支援。ファンド総額は20億円。

 
「県内農産物の生産販売動向報告」によると 印刷
2013年 7月 31日(水曜日) 12:10

一部に持ち直しの動きがみられる。

JA全農栃木が扱った2013年度産のイチゴが出荷量、販売額ともに全国1位になる見通し。出荷量は25年連続、販売額は19年連続で全国一。

 
観光客数増加 印刷
2013年 6月 24日(月曜日) 00:00

一部に持ち直しの動きがみられる。

2012年の県内の観光客入込数は前年比10.8%増の8,234万3,000人、観光客宿泊数は前年比17.5%増の760万人。外国人宿泊数は前年比113.8%増の11万8,000人。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

9 / 12 ページ