経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
栃木県
自転車と住める部屋完成 宇都宮 印刷
2018年 2月 03日(土曜日) 14:03
「自転車のまち宇都宮」ならではの部屋を提供しようと、不動産会社、ハートエントランスが企画した「自転車と一緒に住める部屋」が完成、1月25日に内覧会が始まった。自転車ロードレースのプロチーム、宇都宮ブリッツェンのゼネラルマネジャー、広瀬佳正さんが監修し、賃貸住宅のリノベーションを手掛ける朝日リビングと連携し、宇都宮市峰のマンション1室を「ブリッツェンルーム」として施工。
 
鹿沼に「復興食堂ゆめ広場」開店 岩手・三陸の海産物提供 印刷
2018年 1月 12日(金曜日) 09:33

東日本大震災の被災地、岩手県釜石市、大槌町に物資を届ける復興支援プロジェクトの一環として5日、鹿沼市千渡の県道・鹿沼街道沿いに飲食店「復興食堂ゆめ広場」が開店した。両市町など岩手・三陸の漁港から直送される海産物メニューを提供。物資提供やボランティアで支えた栃木の人々に感謝を伝えると共に、被災者の収入や生きがいにつなげようという新たな形の支援でもある。

 
冬を彩るポインセチア とちぎ花センターで企画展 印刷
2017年 12月 14日(木曜日) 23:21

赤と緑でクリスマスを彩るポインセチアを集めた企画展「冬を彩る花展~サンタの森はポインセチアでいっぱい~」が、とちぎ花センターで開かれている。24日まで。同センターとちはなちゃんドーム(鑑賞大温室)に色鮮やかなポインセチアやシクラメン、コニファーなど冬を代表する植物を展示。

 
少花粉スギ植え替え促進 栃木県、タマホームと協定 印刷
2017年 11月 22日(水曜日) 21:09

県と住宅メーカー、タマホーム(東京都港区)は、花粉の少ないスギへの植え替えを進めるため、県産材の積極利用や県への寄付について協定書を調印した。県内で花粉の少ない品種への植え替えが進めば、東京周辺で花粉症に悩む人にも朗報となるかもしれない。県森林整備課によると、少花粉スギは花粉生産量が従来品種の1%以下。森林研究・整備機構によって多数の品種が開発され、原種の供給を受けた県林業センターでも苗木の生産を進めている。

 
デジタル掛け軸 地下空間を彩る 印刷
2017年 10月 30日(月曜日) 23:03

宇都宮市の大谷資料館で25日からデジタルアートとコラボレーションした企画展が始まり、地下空間が光の美術館になった。世界的なデジタルアーティスト長谷川章さんが手掛けたもので「デジタル掛け軸」という自然や建物などをキャンバスにして幾何学模様を映し出す空間照明アート。100万枚に及ぶ画像が約30秒ごとに切り替わる。採掘場跡の地下空間を光の美術館にして大谷地区の活性化につなげたい考え。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

3 / 13 ページ