経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
栃木県
暖冬で雪不足、スキー場悲鳴 野菜下落に灯油需要減 悩む栃木の業者 印刷
2015年 12月 30日(水曜日) 14:48
暖冬による影響が県内でも顕著になってきた。特に雪不足が深刻で、高温で人工降雪機も使えなかったため、多くのスキー場がオープンを遅らせたと産経新聞が報じた。青果物は発育が早く、価格は下落傾向で、農業関係者は品質への心配を隠せない。ストーブなどに必要な灯油の消費も落ち込んでいる。各方面の関係者は対応に頭を悩ませている。11月の平均気温は宇都宮で12.3度となり、統計開始の明治23(1890)年以降2番目に高かった。
 
羽黒山神社例大祭、梵天振って練り歩く 印刷
2015年 12月 08日(火曜日) 00:36

宇都宮市今里町の羽黒山神社と周辺で11月23日、同神社の秋の例大祭「梵天祭(ぼんてんまつり)」が開かれ、大勢の見物客でにぎわった。五穀豊穣と無病息災を願い、江戸時代中期から続く地域の祭りで、10メートル以上の竹竿に和紙やビニールの房を付けた梵天を法被姿の若者らが担ぎ、「ホイサ、ホイサ」と威勢の良い掛け声とともに色鮮やかな梵天を上下に振りながら地域を練り歩いた。その後、羽黒山の険しい参道を登り、山頂の神社に梵天を奉納した。

 
イルミネーション「光の花の庭」 あしかがフラワーパーク 印刷
2015年 11月 13日(金曜日) 00:00

来年2月4日まで、栃木県足利市のあしかがフラワーパークで、イルミネーション「光の花の庭」を開催中。300万球の電飾で夜の園内を彩り、日本夜景遺産や関東3大イルミネーションなどにも認定されている全国有数のイルミネーションスポット。「光りのバラ~ハピネスガーデン」は新スポットだ。今年のテーマは、光と花のコラボレーション(11月中旬まで)▽フラワーパークのクリスマス(11月中旬~12月30日)▽ニューイヤーイルミネーション(来年1月1日~2月4日)。点灯は午後4時半から。

 
外国人観光客に快適なネット環境 栃木県など無料Wi-Fiカード配布 印刷
2015年 10月 20日(火曜日) 22:54

県とNTT東日本などは15日から、県内を訪れた外国人観光客にWi-Fiカードを配布し、無料で14日間、インターネットを利用できるサービスを始めると産経新聞が報じた。宇都宮市も同日から無料カードを配布、日光市では平成25年10月からサービスを提供している。このサービスは県が今年度、外国人観光客誘致のため進めている施策の一つで、近年、スマートフォンやタブレット端末を使って訪問先の情報を得る訪日外国人観光客が多数を占めることから、インターネットのWi-Fi環境の整備が急がれていた。

 
宇都宮で「木下大サーカス」 56年ぶりの公演 印刷
2015年 10月 09日(金曜日) 20:12

宇都宮の清原工業団地内特設会場で9日、「木下大サーカス宇都宮公演」が開催されると宇都宮経済新聞が報じた。今年で創立113年を迎え、国内最大規模を誇る同サーカス団。宇都宮での開催は56年ぶり。同公演のために、清原工業団地内の約6ヘクタールの空き地に、2000人が収容できるテントと大規模な駐車場を用意する。木下サーカスの渡部桃子さんは「戦前は全国にサーカス団があったが、戦後テレビなどの娯楽に押され次第に減ってしまった。昔から続いているのは当団体だけ」と話す。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

7 / 10 ページ