経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
栃木県
日光でサルリンピック 日光さる軍団 印刷
2016年 8月 16日(火曜日) 21:44

猿のテーマパーク「日光さる軍団」(日光市柄倉)ではリオ五輪に関連して日本応援イベント「サルリンピック」を開催している。競泳やサッカー、体操、重量挙げ、レスリング、走り高跳びなどの競技に同園所属の猿たちが挑戦。種目は毎日変わり、猿たちの芸達者ぶりが再確認できる。同園の村崎太郎代表(54)は「猿を通して日本を元気にしたい。リオ五輪の先にある(4年後の)東京五輪を意識して、猿がこれだけのスポーツ競技ができると発信し、世界に猿芸の伝統を伝えたい」と話した。

 
介護ロボット導入支援セミナー 栃木県が初開催、実演も 印刷
2016年 7月 25日(月曜日) 20:39

介護現場へのロボット導入を支援しようと、県は15日、県内の介護事業者などを対象にしたセミナーとデモンストレーションを県庁で初めて開催した。介護事業者のほか、自治体や社会福祉協議会の関係者ら約100人が参加。首都圏を中心に高齢者施設を運営するオリックス・リビングの入江徹(いりえとおる)広報課長が「介護現場から見たロボット介護機器導入の課題と解決策」をテーマに講演した。

 
江戸の「スゴ技」を発信 爪切り・切子・うちわ 日光江戸村に新施設 印刷
2016年 6月 29日(水曜日) 17:10

江戸時代をテーマにした観光施設「江戸ワンダーランド日光江戸村」(日光市柄倉)に、江戸生活文化伝承館が開設された。江戸時代に創業した店の商品を中心に、優れた生活用品や日本人の合理的な生活様式を紹介している。刀匠が爪切りなど日用刃物を手がけ、抜群の切れ味を誇る京都「菊一文字」をはじめ、手作業で磨き、量産できないガラス工芸品の伝統を守る「華硝(はなしょう)」の江戸切子、江戸時代の製法を守る化粧品の老舗「伊勢半」の紅などが回廊式の展示スペースに並ぶ。

 
宇都宮LRTルートを都市計画決定 印刷
2016年 6月 08日(水曜日) 23:57

宇都宮市と芳賀町が進める次世代型路面電車(LRT)事業で、両市町は、LRTのルートを都市計画決定した。都市計画決定と決定の告示は5月31日付。宇都宮市都市計画課によると、決定したルートは、市側がJR宇都宮駅東口から市町境の同市ゆいの杜までの12.06キロと、そこから本田研究所北門付近までの町側2.52キロの計14.58キロ。軌道を敷設する道路「宇都宮芳賀ライトレール線」を新設し、道路の一部拡幅などを計画する。

 
今月は宇都宮でカクテル三昧 試飲などイベント多数 印刷
2016年 5月 17日(火曜日) 20:39

13日の「カクテルの日」に合わせ、「カクテルの街」を打ち出している宇都宮市内では今月、さまざまなイベントが開かれると産経新聞が報じた。恒例の「カクテルカーニバル」は22日。また、21日までのカクテルウイークに市内のホテルでも関連キャンペーンを展開中だ。1806年、アメリカの新聞に初めて「カクテル」という言葉が登場し、読者の問い合わせにカクテルを定義したのが5月13日とされ、日本でもバーテンダー4団体が平成23年からPRしているという。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

8 / 13 ページ