経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
愛知県
愛知県が中小企業後押し 17年度、特別融資枠新設 印刷
2017年 2月 02日(木曜日) 17:53

インターネットを通じて投資家から資金を調達するクラウドファンディング(CF)の普及を目指し、愛知県は17年度、CFを活用した県内の中小企業を対象に、融資の特別枠を新設する。融資総額は年間で数億円程度を見込んでおり、金融庁によると、こうした中小企業の支援策は前例がないという。CFは、新規事業や創業時に金融機関の融資を得にくい中小企業でも、アイデア次第で、手軽に資金を調達できる手法だが、日本ではまだなじみが薄い。

 
愛知県、車安全技術開発へ産官学研究会 印刷
2017年 1月 13日(金曜日) 17:10

愛知県は6日、自動車安全技術の開発を目指す産官学の2つの研究会を設置すると発表した。「IoTによる走行路面リスク予見技術研究会」は名古屋工業大などのグループが、路面凍結などの危険性を判断する技術などを検討する。「ビッグデータ活用型交通安全管理システム研究会」は豊橋技術科学大などのグループが、交通安全向けのデータ管理や分析システムの構築を考える。

 
名古屋城と假屋崎省吾さんコラボの華道展 本丸御殿「対面所」公開記念で 印刷
2016年 12月 16日(金曜日) 00:55

名古屋城の本丸御殿内で16日から、華道家の假屋崎省吾さんとコラボした華道展「華道家 假屋崎省吾の世界展」が開かれると名駅経済新聞が報じた。本丸御殿は1615(慶長20)年に徳川家康の命令で初代尾張藩主徳川義直の住まい、政治の場として建てられたもの。実測図や重要文化財障壁画などを基に2009年1月、復元工事に着手し、2018年の全体公開に向けて、現在は玄関・表書院・対面所などを一般公開している。

 
アジア大会の準備会設置 愛知県と名古屋市 印刷
2016年 11月 24日(木曜日) 19:15

愛知県と名古屋市は16日、2026年の夏季アジア競技大会の開催に向け「アジア競技大会愛知・名古屋合同準備会」を同日付で設置したと発表した。組織委員会の設立準備や、来年に控えるアジア・オリンピック評議会(OCA)との開催都市契約締結に向けた課題の検討、開催周知への広報活動などを進める。

 
“サムライ”サミット!? 愛知県知事も参加 印刷
2016年 10月 31日(月曜日) 21:53

信長、秀吉、家康の郷土の三英傑を始め、多くの戦国武将を輩出した武将のふるさと、愛知県。羽柴(豊臣)秀吉と徳川家康が生涯で唯一対決した、「小牧・長久手の戦い」のゆかりの地の近く、愛・地球博記念公園が会場だ。各地の武将隊、甲冑隊などの甲冑武者や、忍者、西洋甲冑の騎士、大村愛知県知事も参加しての大武者行列や、古式日本刀鍛錬の実演、尾張・名古屋地域に伝わる伝統の菓子まき、騎士鎧バトル、そして信長や家康も好んだことで知られる「鷹狩り」の実演など、盛りだくさんだ。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

6 / 13 ページ