経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
愛知県
アジア大会 一転共催招致 名古屋市提案に愛知県受け入れ 印刷
2016年 9月 14日(水曜日) 10:10

2026年のアジア競技大会招致を巡り、愛知県との共催を白紙にした名古屋市が、一転して共催での招致活動に戻る見通しとなった。開催費用の負担割合を県市で2対1とするなど市の主張を県が受け入れたため。大村秀章知事が7日明らかにし、河村たかし市長の理解を得たとの見方を示した。県はアジア大会の開催費用について、総額850億円との試算を明らかにした。

 
名古屋市科学館の南極観測が入場5万人達成 印刷
2016年 8月 23日(火曜日) 10:29

名古屋市科学館で開かれている南極観測隊の活動を紹介する催しが、16日来場者数5万人を達成した。これは、日本が、南極で観測を始めてからことしで、60年になるのを記念して、先月から開かれている。会場には、南極で観測隊が使用している装備品や、南極で採集された魚など、生物の標本が展示されている他、ブリザードと呼ばれる強烈な吹雪を伴う南極の天候を擬似体験できるコーナーもあり、連日大勢の人で賑わっている。

 
名駅前で「打ち水大作戦」 周辺商業施設で浴衣姿対象のサービス企画も  印刷
2016年 7月 29日(金曜日) 22:51

名古屋駅前で20日、「打ち水大作戦」が行われたと名駅経済新聞が報じた。企画・運営は、名古屋駅地区街づくり協議会(名古屋市中村区名駅4)。2008年設立の同協議会。駅から街へ人を迎え入れる活動として、定期的に街の清掃活動や花植えなどを実施してきた。 打ち水企画は今回で8回目。会員企業のほか、行政、市民団体など約360人が集まった。

 
国際展示場に350億円計上 愛知県方針 印刷
2016年 7月 06日(水曜日) 20:08

愛知県は中部国際空港島(同県常滑市)で2019年秋に開業する国際展示場の概要をまとめ、3日午後、発表する。将来的な支出を約束する債務負担行為を含めた整備費349億4千万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を、16日に開会予定の県議会六月定例会に提出する。設計と施工を一括発注し、工期を短縮する。国際展示場の施設全体の延べ床面積は8万6千平方メートル。

 
金山駅前で「手羽先サミット」 「世界の山ちゃん」が初のグランプリ  印刷
2016年 6月 14日(火曜日) 20:41

金山駅南口で4日・5日、手羽先料理を楽しむイベント「手羽先サミット2016」が開催された。主催は金山商店街振興組合。金山に全国各地の人気メニューを集めて手羽先の魅力を発信する同イベント。3回目となる今回は愛知のほか、北海道から九州まで20店舗が参加。自慢のメニューで味を競い合った。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

5 / 10 ページ