経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
鹿児島県
川内原発定期検査入り 安全運転の先頭を走る 印刷
2016年 10月 23日(日曜日) 13:29

九州電力は6日、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市、89万キロワット)の定期検査を開始した。原子炉を停止し、来年1月までの検査期間中、さまざまな項目で原発の安全性を確認する。九電が大きなトラブルなく原発を動かし、定検に入ったことで、東日本大震災前の稼働サイクルに戻った。これからは三反園鹿児島県知事の再稼働への態度が焦点となる。

 
鹿児島の海底カルデラの実態探る 巨大噴火予測へ調査開始 印刷
2016年 9月 28日(水曜日) 09:37

神戸大海洋底探査センターは16日、鹿児島県・薩摩半島沖の海底火山「鬼界カルデラ」の調査を10月から始めると発表した。このカルデラは、約7300年前に九州南部の縄文文化を滅ぼす噴火を起こしている。カルデラの地形やマグマだまりの実態を解明し、日本列島全体に被害が出るような超巨大噴火の予測を目指す。センターによると、地下にマグマがたまっている様子を正確に捉えた調査は世界でも例がない。

 
鹿児島知事 川内原発の停止と再点検申し入れ 九電社長に 印刷
2016年 9月 01日(木曜日) 20:30

鹿児島県の三反園知事は26日、県庁で九州電力の瓜生社長と面会し、「熊本地震で県民の不安が高まった」として川内原発を一時停止し、再点検するよう申し入れた。東京電力福島第1原発事故を受けた新規制基準の施行後、知事が稼働中の原発の停止を要請するのは初めて。

 
原発に発言踏み込まず 三反園・鹿児島知事、初登庁で会見 印刷
2016年 8月 09日(火曜日) 18:26

鹿児島県知事に就任した三反園訓氏(58)が28日、初登庁した。就任記者会見で三反園氏は、8月下旬か9月上旬にも九州電力に対し、川内原発の一時停止と点検を要請する考えを示した。ただ、踏み込んだ発言は少なく、「就任したばかりなので、意見交換しながら考えをまとめて発表したい」と慎重姿勢に終始した。三反園氏は原発について「熊本地震を受けて県民は不安に思っている。いったん停止し再点検、再検証すべきだと選挙戦で訴えてきた。できるだけ早く、九州電力に強く申し入れたい」と述べた。

 
三反園氏「け死ん限い気張る」 当選証書受け抱負 印刷
2016年 7月 20日(水曜日) 09:25

鹿児島県選挙管理委員会は13日、県庁で、10日の知事選で初当選した三反園訓氏(58)に当選証書を手渡した。三反園氏は「県民と一緒に元気な鹿児島をつくるために、け死ん限い気張る(死ぬほど頑張る)」と抱負を述べた。任期は28日から4年間。政府も注目する九州電力川内原発(同県薩摩川内市)の停止を九電に申し入れる時期について「いろんな意見を聞きながら一番いい方法をとりたい」と話した。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

7 / 12 ページ