経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
兵庫県
東日本大震災5年 神戸・東遊園地でも追悼の灯り 印刷
2016年 3月 14日(月曜日) 22:41

阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼し、復興を願う神戸・東遊園地のガス灯「1.17希望の灯り」前でも11日、追悼のつどいが開かれたと神戸新聞が報じた。岩手県陸前高田市とインターネット中継でつなぎ、市民ら約50人が午後2時46分に黙とう。共に歩む気持ちを確認し合った。阪神淡路大震災1.17のつどい実行委員会の主催。グラスキャンドル300個を「3.11」の形に並べ、ガス灯の火を移した。

 
10.5メガ太陽光発電所、来年7月に完成予定 淡路 印刷
2016年 2月 23日(火曜日) 00:40

淡路市小倉の土取り跡地に出力10.5メガワットの太陽光発電所「ユーラス北淡路ソーラーパーク」の建設が決まり、16日に安全祈願祭などが行われたと産経新聞が報じた。3月から建設工事が始まり、平成29年7月に完成予定。建設地は約25年前まで関西空港などの埋め立て用土砂を採取していた場所。

 
神戸大が株式会社設立 研究を事業化、利益還元目指す 印刷
2016年 2月 02日(火曜日) 00:11

神戸大は1月29日、教員らが出資し、株式会社「科学技術アントレプレナーシップ」を設立したと発表したと神戸新聞が報じた。今後、教員らの研究成果を事業化するため、同社が出資してベンチャー企業を立ち上げ、同大に利益が還元される仕組みを目指す。同大が主体となる株式会社設立は初めて。

 
灘五郷に訪日客急増 酒文化発信の絶好機、蔵元対応 印刷
2016年 1月 08日(金曜日) 00:00

国内随一の酒どころ灘五郷(神戸市東灘区・灘区、西宮市)を訪れる外国人客が急増していると神戸新聞が報じた。日本酒の味が世界で広く知られるようになり、土産物としての人気も高まる一方。蔵元も、免税手続きができるレジを導入したり、外国人向け新商品を売り出すなどしており、「日本の酒文化を発信する絶好のチャンス」とPRに力を83万2千人。15年はさらに増え、「100万人を超える見込み」(県)という。

 
マツバガニ高騰、漁獲量減で5割増  印刷
2015年 12月 16日(水曜日) 00:00

11月6日に解禁された但馬のマツバガニ漁(ズワイガニ雄)で、同月末までの漁獲量は2漁協合計で約204トンと、前年同期比19%減となったことが10日、兵庫県但馬水産事務所のまとめで明らかになったと神戸新聞が報じた。漁獲金額は約9億9400万円に上り、同19%増。競りでの1キロ当たりの単価は4864円と同47%高く、11月としては最近10年間で最も高かった。

最終更新 2015年 12月 16日(水曜日) 09:17
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

8 / 12 ページ