経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
千葉県
船橋市三番瀬海浜公園に潮干狩り場、4月20日から 印刷
2016年 4月 21日(木曜日) 10:24

ふなばし三番瀬海浜公園(船橋市潮見町、TEL 047-435-0828)に4月20日、潮干狩り場がオープンすると船橋経済新聞が報じた。都心から一番近い潮干狩り場として親しまれている同園。毎年水辺でのレジャーを楽しむ人々でにぎわい、昨年は12万人が訪れた。今年の開催期間は4月20日~6月11日で、ゴールデンウイークの5月3日~8日の6日間は連日営業する予定。潮の関係で5月13日~18日は営業しない。

 
海底で地震津波検知 世界最大規模の観測網 ケーブル5700キロ、房総半島~北海道 印刷
2016年 3月 30日(水曜日) 23:55

房総半島から北海道にかけ海底をケーブルでつなぎ、地震・津波計の観測点を配備する「日本海溝海底地震津波観測網(S-net)」の南房総陸上局(千葉県南房総市白浜町)が23日、試験運用を始めた。全長5700キロに及ぶケーブルは世界最大規模。従来と比べ津波検知が最大20分早くなるほか、巨大地震のメカニズム解明に向けたデータ収集も期待される。

 
<成田空港>歴代制服で乗務員搭乗 全日空、国際線就航30周年で 印刷
2016年 3月 08日(火曜日) 12:03

全日空は国際線定期便就航30周年を迎えた3日、成田空港で記念イベントを開催した。篠辺修社長ら約60人が出席したセレモニーのほか、女性客室乗務員が歴代の制服を着用してサービスにあたる特別フライトも行われ、節目を祝った。全日空は1986年3月3日の東京-グアム線で初の国際線定期便を就航したのを皮切りに今月3日現在では世界39都市59路線に拡大。30年間の国際線搭乗者数は累計1億人を突破した。

 
琴奨菊関が競輪場で汗 綱とりへ“バンク疾走”  印刷
2016年 2月 13日(土曜日) 00:54

大相撲初場所で幕内初優勝を果たし、横綱昇進を目指す大関・琴奨菊関(佐渡ケ嶽部屋)が4日、千葉競輪場(千葉市中央区弁天)を訪れ、日本競輪選手会千葉支部と合同トレーニングを行ったと千葉日報が報じた。大関はバンクを自転車で走ったり、タイヤを投げる練習で汗を流した。琴奨菊関のトレーナーと選手会に親交があり、先月初めて合同練習を行い、今回は2回目。

 
富里スイカのオーナー募集 30株増やし80株に 印刷
2016年 1月 26日(火曜日) 00:00

富里市は特産品のスイカの収穫体験などに参加できる「富里スイカオーナー」の募集を来月1日から始める。オーナー制度は全国有数の生産量を誇るスイカをPRするため、市が昨年度から始めた。大玉スイカの苗1株当たり4千円でオーナーを募集。地元農家の協力により市内の畑で育てたスイカを、初夏にはオーナーが収穫体験できる。参加特典として収穫した2玉(1玉2千円相当)がもらえる。

最終更新 2016年 1月 26日(火曜日) 09:21
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

7 / 11 ページ