経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
山口県
大型フェリー進水式 印刷
2016年 9月 20日(火曜日) 20:43

山口県下関市の三菱重工業下関造船所で6日、新日本海フェリー(大阪市)が発注した大型フェリーの命名・進水式が開かれた。「らべんだあ」と名付けられたフェリーは全長197.5メートル、総トン数1万4400トン、定員600人。国内フェリーとしては初の垂直船首の省エネ船で、従来船と比べ1割の省エネ効果があるという。

 
山口県が「サイクル県やまぐち」初回イベント 自転車で県の魅力発信を 印刷
2016年 8月 27日(土曜日) 10:33

山口県は8月27日・28日、9月3日・4日の4日間、自転車による新たな魅力づくりを推進するプロジェクト「サイクル県やまぐち」の初イベントを開催すると山口宇部経済新聞が報じた。サイクルスポーツを通して山口県の魅力を発信することで、交流人口・観光客の増加や地域資源の再発見などを目的にする同プロジェクト。全国的なサイクルスポーツ人気や、県内で近年サイクルイベントが盛んに行われていることに着目。協議会を今春立ち上げ、展開を始めた。

 
宇部市交通局が夏休み企画「こども50円バス」 小学生対象に利用促進  印刷
2016年 8月 04日(木曜日) 10:49

"夏休み期間中、小学生は「50円」で市営バスに乗車できる" 宇部市交通局(宇部市大字善和)が7月21日、小学生を対象に1回50円で市営バスに乗車できる夏休み企画「こども50円バス」を始めたと山口宇部経済新聞が報じた。夏休みを迎え、外出の機会が増える小学生やその保護者の利用促進を目的に実施する同企画。県内のバス事業者でも同様の企画が実施されており、「県全体の取り組みにしていこう」と初めての実施を決めた。

 
空の玄関口「山口宇部空港」が50周年 4年連続で利用者増加 印刷
2016年 7月 13日(水曜日) 11:58

山口県の空の玄関口「山口宇部空港」(宇部市沖宇部)が7月1日、50周年を迎えたと山口宇部経済新聞が報じた。同空港は、1966(昭和41)年7月1日に「県営宇部空港」として開港し、東京、大阪の往復を1日1便運航。1980(昭和55)年4月、「山口宇部空港」に改称。滑走路の延長などを経て、2014年からはスターフライヤーが就航。現在は東京の往復を1日10便運航。過去25年の間には、沖縄便、札幌便の運航を行っていたこともある。

 
宇部で音楽イベント「音楽の祭日」 夏至の日に合わせ、市内9会場で同時開催 印刷
2016年 6月 20日(月曜日) 23:28
宇部市内各所で6月19日を中心に、夏至の日に合わせた音楽イベント「音楽の祭日」が開催される。主催は宇部市文化創造財団。同イベントは、1982年に夏至に音楽を楽しむイベントとしてフランスで発祥したもので、宇部では3回目の開催。入場無料で鑑賞できるライブコンサートで、宇部市内に9会場・14ステージを設ける。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

9 / 15 ページ