経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
静岡県
帆船「みらいへ」初寄港 園児ら歓迎 富士・田子の浦港 印刷
2017年 9月 20日(水曜日) 21:51
一般社団法人グローバル人材育成推進機構(神戸市)が所有する航海練習帆船「みらいへ」が15日、富士市の田子の浦港に初寄港し、歓迎セレモニーが行われた。地元幼稚園児らが出迎え、乗組員らと交流を図った。みらいへは世界一周も可能な全長52・16メートルの帆船。主に実習航海などで活用され、今回は日本大生物資源学部の学生による4日間の体験プログラムの目的地として同港に寄港した
 
18年春高卒求人1.94倍 静岡県内、過去最高水準に 印刷
2017年 8月 28日(月曜日) 19:25
静岡労働局が25日発表した2018年春の静岡県内高校卒業予定者の求人・求職状況(7月末現在)によると、求人倍率は1.94倍で、前年同期を0.27ポイント上回った。リーマン・ショックの影響を受ける前の2009年春卒の1.88倍を上回り、調査が始まった1997年春卒以降で過去最高になった。
 
静岡浅間神社で「朝顔展」 丹念に育てた300の大輪 印刷
2017年 8月 07日(月曜日) 11:43

夏の朝を大輪の花で鮮やかに彩るアサガオの展示会が静岡市の浅間神社で開かれていると静岡放送が報じた。この展示会は、古くから親しまれてきた大輪朝顔の栽培方法を伝承する「静岡朝顔研究会」が毎年開催しているもの。静岡浅間神社の境内には、会員が丹念に育てた大輪朝顔300点が出品されていて、つるをらせん状に巻く「行灯作り」とつるを切って鉢の中に飾る「切込作り」の2部門で毎朝、咲かせる花の大きさや美しさを競い、賞を決めているという

 
富士山御殿場口新五合目に交流拠点「マウントフジトレイルステーション」 印刷
2017年 7月 13日(木曜日) 19:10
富士山御殿場口新5合目に10日、交流施設「Mt.FUJI TRAIL STATION(マウントフジトレイルステーション)」(静岡県御殿場市)がオープンすると富士山経済新聞が報じた。 登山者やハイカー、トレイルランナーたちためのコミュニケーションスペースとして開設した同所(通称=トレステ)。夏の2カ月間限定企画として毎年行っている。主催は地元の観光協会や商工会などで組織する「富士山ツーリズム御殿場実行委員会」。
 
若手教員を育成 山梨県が指標を作成へ 印刷
2017年 7月 12日(水曜日) 10:20
県教育委員会と大学が連携し若手教員の資質の向上に向けた指標づくりに取り組むことになった。教員の大量退職などを受けた対応で、指標は早ければ9月にも策定する。県教委によると学校現場では定年を迎えたベテラン教員の大量退職にともない、若手の教員に指導のノウハウが伝わらなくなることが懸念されている。指標の作成はこうした状況を踏まえた法改正に伴う対応で、6日は県教委や県内大学の有識者らで構成する協議会が初めて開かれた。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

2 / 12 ページ