経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
静岡県
富士山御殿場口新五合目に交流拠点「マウントフジトレイルステーション」 印刷
2017年 7月 13日(木曜日) 19:10
富士山御殿場口新5合目に10日、交流施設「Mt.FUJI TRAIL STATION(マウントフジトレイルステーション)」(静岡県御殿場市)がオープンすると富士山経済新聞が報じた。 登山者やハイカー、トレイルランナーたちためのコミュニケーションスペースとして開設した同所(通称=トレステ)。夏の2カ月間限定企画として毎年行っている。主催は地元の観光協会や商工会などで組織する「富士山ツーリズム御殿場実行委員会」。
 
若手教員を育成 山梨県が指標を作成へ 印刷
2017年 7月 12日(水曜日) 10:20
県教育委員会と大学が連携し若手教員の資質の向上に向けた指標づくりに取り組むことになった。教員の大量退職などを受けた対応で、指標は早ければ9月にも策定する。県教委によると学校現場では定年を迎えたベテラン教員の大量退職にともない、若手の教員に指導のノウハウが伝わらなくなることが懸念されている。指標の作成はこうした状況を踏まえた法改正に伴う対応で、6日は県教委や県内大学の有識者らで構成する協議会が初めて開かれた。
 
地域活性化へ企画を 来月から「未来塾」 伊豆市 印刷
2017年 6月 20日(火曜日) 17:58
伊豆市は、実践型まちづくりワークショップ「伊豆未来塾」の受講者を募集している。前年度に引き続き、インターネット上で小口資金提供を呼び掛ける「クラウドファンディング」がテーマ。昨年は受講生全5チームのうち、4チームの企画が資金調達に成功して事業化できたことから、本年度も継続する。若者にまちづくりの意識啓発をする連続講座の伊豆未来塾は、今回が8期目。過去の修了生は、講座から生まれた地域活性化のための企画を実現し、継続して活動している。
 
ハナショウブ 多彩に 100種30万本 森町・小国神社 印刷
2017年 5月 30日(火曜日) 18:44
森町一宮の小国神社境内の「一宮花しょうぶ園」が25日、開園した。園内約3千平方メートルには多彩なハナショウブ約100種30万本が植えられ、6月10日ごろに最盛期を迎えるという。開園初日には、白い花に紫色の模様が入った「初夢」、紫色の花びらの周囲が白色で縁取られた「白い虹」などが花を咲かせ、来場者は雨の中で風情あふれる景色を満喫した。
 
杉山翁の功績継承 「やぶきた」新茶で顕彰 印刷
2017年 5月 08日(月曜日) 20:36
静岡県茶業会議所(榛村純一会頭)は2日、茶の主力品種「やぶきた」を明治期に品種改良を通じて発見した杉山彦三郎(1857~1941年)を顕彰する記念式を、杉山翁の胸像がある静岡市葵区の駿府城公園で開いた。やぶきたの新茶を胸像に献茶し、国内の品種で圧倒的なシェアを占めるやぶきたを広めた功績をたたえた。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

5 / 14 ページ