経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
香川県
高松空港13路線目指す 国交省が民間委託提案内容公開 印刷
2017年 9月 04日(月曜日) 09:26
高松空港の民間委託に向けて、国土交通省は、運営権について基本協定を結んだ「三菱地所・大成建設・パシコングループ」の提案内容を同省ホームページなどで公開した。路線増や施設充実などを図り、現在年間180万人の旅客数を15年後には307万人に増やす計画を提案している。同グループの提案の骨子は、複数の格安航空会社(LCC)拠点化に向けた料金施策と受け入れ環境整備、海外や首都圏需要をターゲットとした航空需要の取り込み、魅了的な商業施設づくり-など。
 
かがわ縁結び支援センター人気 登録者4倍の801人 県「おせっかいさん」追加募集 印刷
2017年 8月 14日(月曜日) 23:40
未婚男女の結婚を支援する香川県の「かがわ縁結び支援センター」(EN-MUSUかがわ)が人気を博している。今年1月の本格稼働から7月末までで登録者が約4倍の801人に上り、登録者同士の顔合わせ件数も260件を超えた。支援センターは登録者の結婚を後押しするボランティア「縁結びおせっかいさん」の追加募集を行っている。
 
25万本のヒマワリ満開 香川・まんのう町で「祭り」 印刷
2017年 7月 21日(金曜日) 10:55
香川県まんのう町でヒマワリが色鮮やかに開花した。9日には帆山地区で「ひまわり祭り」が開催され、町内外から訪れた観光客らの目を楽しませた。同町では平成元年、減反政策のため休耕田にヒマワリを作付けしたことから栽培が始まった。ヒマワリはひまわり油に加工し、その搾りかすを肥料にした「ひまわり牛」の開発も行われている。
 
ハウス栽培の香川産ミカン「小原紅早生」初競り 今年も甘く  印刷
2017年 6月 27日(火曜日) 17:33
ハウス栽培された香川県オリジナルのミカン「小原紅早生」の初競りが16日、高松市中央卸売市場で行われた。小原紅早生の最高品種「さぬき紅」が1箱(2.5キロ)あたり2500~4千円で次々と競り落とされた。小原紅早生は、温州ミカンからの突然変異で生まれた品種。皮や実が赤く、濃厚な甘みとコクがある。とくにハウス栽培は、徹底した温度と水分の管理によって、小原紅の中でも糖度の高い最高ブランド「さぬき紅」に仕上がる。
 
6月11日 12:30-17:00@中央区総合スポーツセンター 印刷
2017年 6月 06日(火曜日) 18:14
瀬戸大橋(本州四国連絡橋・児島-坂出ルート)は来年4月に開通30周年を迎える。香川県は5月30日、記念事業推進組織として県実行委員会(会長・浜田恵造知事)を設立した。岡山県でも同日、実行委が立ち上がった。瀬戸大橋は昭和63年4月10日に開通。本四架橋3ルートの中で、初めて四国と本州をつないだ唯一の道路・鉄道併用橋。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

2 / 10 ページ