経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
香川県
高松で「全国年明けうどん大会」 うどん大喜利や台湾との交流ブースも 印刷
2017年 12月 28日(木曜日) 16:28

サンメッセ香川(高松市林町)で12月2日・3日の2日間、「全国年明けうどん大会2017 inさぬき」が開催された。香川県内のうどん業界が提唱した食文化「年明けうどん」のさらなる普及を図ることを目的として開いている同イベント。4回目となる今回は、新たに広島県の「呉細うどん」、大分県の「佐伯ごまだしうどん」が加わり、香川県の「さぬきうどん」をはじめ、愛知県の「ガマゴリうどん」、三重県の「伊勢うどん」、秋田県の「稲庭うどん」、沖縄県の「沖縄そば」など全国18地域と台湾から24ブースが出店した。

 
空海ゆかり「ボタン」で町おこし 善通寺市 印刷
2017年 12月 07日(木曜日) 22:54

弘法大師空海が中国から日本に持ち帰ったといわれる「ボタン」で町おこしをめざす。善通寺市の小学生らが公園にボタンの苗を植えた。この企画は善通寺市が企画したもので、四国霊場第75番札所、総本山善通寺の近くにある「香色山ふれあい公園」に関係者が集まった。ボタンは、中国原産の花。平安時代初期に弘法大師空海が遣唐使で中国にわたった際、「うどん」などとともに日本に持ち帰ったといわれている。

 
「小豆島 島鱧」の加工場完成 骨切り機や急速冷凍機完備 土庄・四海漁協が披露 印刷
2017年 11月 13日(月曜日) 23:06
小豆島近海で水揚げされるハモをブランド化した「小豆島 島鱧」の販路拡大に取り組む土庄町の四海漁業協同組合に、骨切り機や急速冷凍機を備えた加工場が完成し、7日、関係者約70人に披露された。同漁協では国や県、同町の助成を受け、平成28~30年度の事業として畜養水槽や製氷機、冷水機などを整備し、6次産業化を目指している。
 
太鼓台、勇壮に舞う 小豆島の秋祭りシーズン幕開け 印刷
2017年 10月 22日(日曜日) 15:23

勇壮に太鼓台が舞う小豆島(香川県)の秋祭りシーズンが幕開けした。小豆島町福田の葺田八幡神社では11日、同地区と土庄町小部の4自治会から4基の太鼓台が集まり奉納された。小豆島の秋祭りは「太鼓祭り」とも呼ばれて親しまれており、小豆郡内に8社ある八幡神社での秋の祭礼に奉納される。葺田神社では太鼓台のほかに、獅子舞と長刀踊りが呼びもの。

 
武士の装いに見る美意識 丸亀の資料館で特別展  印刷
2017年 9月 27日(水曜日) 23:23

香川県丸亀市の丸亀城が今年築城420周年を迎えるのに合わせ、同城敷地内にある市立資料館で特別展「武士の装い展」が開かれている。江戸時代に丸亀藩を治めた京極家伝来の名刀「ニッカリ青江」をはじめ陣羽織や甲冑といった当時の武具など34点を展示している。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

2 / 11 ページ