経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
宮埼県
日南・酒谷発電所が稼働 小水力、治水専用ダム初活用 印刷
2016年 10月 23日(日曜日) 13:29

日南市酒谷にある日南ダムからの水流を有効利用する小水力発電所「酒谷発電所」が完成し、11日運転を開始したと宮崎日日新聞が報じた。県内の治水専用ダムを活用した水力発電所は初めてで、県企業局が建設した。

 
作物鳥獣被害11%減 昨年度、防護柵整備進む 印刷
2016年 9月 26日(月曜日) 23:31

2015年度のシカやイノシシといった野生鳥獣による県内農林作物への被害額は6億2278万円で、14年度の7億120万円から11%減ったことが、県のまとめで15日までに分かった。被害額の減少は3年連続で、防護柵の整備や捕獲の取り組みが進んだことなどが要因とみられる。

 
「伊東マンショ展」9月9日開幕、宮崎県立美術館 印刷
2016年 9月 01日(木曜日) 20:30

日本とイタリアの国交樹立150周年を記念した「特別公開『新発見!天正遣欧少年使節 伊東マンショの肖像』」が、9月9日から宮崎県立美術館(宮崎市船塚)で開かれる。10月16日まで。伊東マンショは現在の宮崎県西都市に生まれた。16世紀末、天正遣欧少年使節の一員として長崎を出発しヨーロッパを歴訪、ローマ教皇と会見した。肖像画はベネチアで描かれたもので、マンショの故郷の宮崎では初公開。使節の一行が公式に歓待されたことを示す貴重な資料で、2014年にその存在が明らかになった。

 
夏真っ盛り 都農神社で大祭 印刷
2016年 8月 09日(火曜日) 18:25

県内は2日、日差しが強く全17観測地点のうち5地点で最高気温35度以上の猛暑日となった。日向国(現宮崎県)の一之宮とされる都農町・都農神社では2日間の夏大祭が最終日を迎え、子どもから大人まで御神幸行列に参加、汗びっしょりで威勢のいい掛け声とともに辺りを巡った。夜はクライマックスの「けんか太鼓台」。鳥居前で4基の太鼓台が代わる代わる激突。担ぎ手のプライドをかけた競り合いに、観客の興奮は最高潮に達した。

 
宮崎県や大塚食品などが「ご当地ボンカレー」開発 印刷
2016年 7月 16日(土曜日) 12:05

宮崎県、大塚食品、南九州ファミリーマート(鹿児島市)はご当地コラボ商品「ひなたの恵みボンカレー」を共同開発した。宮崎県産の鶏肉、にんじん、赤ピーマン、日向夏果汁を使用したレトルトのキーマカレー。5日から宮崎、鹿児島両県内のファミマ店舗や東京都内にある宮崎県の物産館、ネットショップなどで発売した。ボンカレーは大塚食品の看板商品の一つ。自治体とのコラボ商品は初めてという。価格は税抜き320円。1万食限定で、18日から宮崎県内の小売店でも販売する。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

8 / 14 ページ