経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
神奈川県
東南アジアの訪日観光客に照準 神奈川県、ハラルビジネス支援強化 印刷
2018年 2月 05日(月曜日) 19:41

増加傾向にある東南アジア圏からの訪日観光客をターゲットに、県はイスラム教の戒律に沿った「ハラルビジネス」への支援を進めている。インバウンド需要の一層の拡大が見込まれるものの、一般の観光施設、飲食店などでは対応に苦慮する例もあるのが現状。慶応大と連携し、もてなしを学ぶ研修会を充実させる一方、ムスリム(イスラム教徒)向けの飲食店ガイドも提供し、双方の敷居を下げて誘客の旗振り役を担う考えだ。

 
神奈川県、災害時協力で段ボール団体と協定 印刷
2018年 1月 15日(月曜日) 19:45

神奈川県は段ボール事業者団体の東日本段ボール工業組合(東京・中央)と災害時協力に関する協定を結んだ。大規模地震などの災害発生時に、段ボール製の簡易ベッドや間仕切り、断熱効果のあるシートなどを県内の避難所に優先的に提供してもらう。同組合は東日本の段ボール事業者50社で構成。県内では大村紙業など13社が加盟している。東日本大震災や熊本地震などを踏まえ、同組合が県に協力を持ちかけた。

 
アフリカ大使ら横浜へ インフラを視察 印刷
2017年 12月 18日(月曜日) 23:03

2019年の第7回アフリカ開発会議(TICAD)の横浜開催を控え、アフリカ各国の大使らが8日、横浜市内を訪れ、質の高いインフラ整備を行う日本の技術力を視察したと神奈川新聞が報じた。国土交通省と外務省が共催するシティー・ツアーに参加したのは、14カ国から駐日大使7人を含む大使館関係者19人。東名高速道路と横浜港の直結を目指す横浜環状北西線の横浜青葉ジャンクションの工事現場を訪れた後、高度な港湾荷役を誇る横浜港を観光船「マリーンシャトル」で視察。歴史的建造物を活用した集客施設の横浜赤レンガ倉庫も訪れた。

 
五輪前哨戦で万全態勢 セーリングW杯江の島大会 実行委を発足 印刷
2017年 11月 26日(日曜日) 10:41

2020年東京五輪のセーリング競技の会場となる江の島(藤沢市)で五輪のテスト大会となるセーリングワールドカップ(W杯)が来年9月から3年連続で開催されることを受け、県や日本セーリング連盟などは実行委員会を発足させた。W杯は五輪と同じ海面を使用することから、「五輪の前哨戦」として、世界のトップ選手が参加する見通しで、五輪の成否を占う大会としても注目されそうだ。

 
「宇宙での実験を頑張りたい」 横浜、飛行士・金井さんらトークショー 印刷
2017年 11月 01日(水曜日) 22:38

国際宇宙ステーションに12月から滞在する宇宙飛行士の金井宣茂さん(40)が26日夜、横浜市西区で行われたトークショーに出席し「宇宙での実験を頑張りたい。良い結果が得られるように準備している。宇宙を楽しみ、無事に帰ってくることを約束する」と意気込みを語った。打ち上げを前に宇宙での活動を広く知ってもらおうと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が主催。トークショーを含むイベントには親子ら約5千人が来場した。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

2 / 12 ページ