経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
茨城県
五輪客輸送へ茨城県連絡調整会議が初会合 日韓W杯事例など紹介 印刷
2018年 2月 01日(木曜日) 18:42

2020年東京五輪サッカー競技のカシマスタジアムでの開催に向け、大会組織委員会と県は25日、選手や観客らの移動方法を協議する「県輸送連絡調整会議」の初会合を同スタジアムで開いた。組織委は平成30年度末までに茨城を含む全会場の輸送計画案を作成し、31年中に国際オリンピック委員会(IOC)などの承認を目指す。

 
県内、増える企業主導保育所 37カ所、国の助成事業活用 印刷
2018年 1月 12日(金曜日) 09:32

国が2016年度にスタートした「企業主導型保育事業」の助成を受け、企業が事業所内などに保育所を開設する動きが県内で活発化していると茨城新聞が報じた。手厚い助成に加え、企業の人手不足や働き方改革の推進などを背景に、同事業に基づく保育所設置が進み、県内では昨年11月末現在、開所予定を含む37施設(定員825人分)の助成が決定している。定員の一部を地域住民に開放する「地域枠」を設けている保育所も多く、地域の待機児童解消への貢献も期待される。

最終更新 2018年 1月 12日(金曜日) 09:33
 
現場映像を生中継 潮来、ドローン使い防災訓練 印刷
2017年 12月 14日(木曜日) 23:20

県潮来土木事務所と県建設業協会潮来支部が連携した独自の防災訓練が5日、潮来市などで行われたと茨城新聞が報じた。遠隔操縦の無人航空機・ドローンや県災害時情報共有化システムなどを活用し、ドローンが撮影する被災現場の映像を、動画配信サイトを使って別の場所にある災害対策室へ生中継するなど、新たな防災機材が試された。

 
勇壮、武者行列 まち練り歩く 坂東・岩井将門まつり 印刷
2017年 11月 21日(火曜日) 22:04

勇壮な武者行列が見どころの「岩井将門まつり」が12日、坂東市岩井の岩井商店街で開かれた。市民らが扮(ふん)する武者約100人が戦国絵巻さながらに会場を練り歩き、訪れた大勢の観光客の目を楽しませた。平安時代の武将、平将門の勇姿を現代によみがえらせようと始まり、44回目。将門ゆかりの国王神社(同市岩井)で戦勝祈願の儀式が行われた後、筑波銀行岩井支店駐車場に特設されたスペースで地元高校生らが弓道演武。時代劇のような殺陣の演武もあり、観客から歓声が沸いた。

 
龍の魅力、多彩な表現 県五浦美術館 開館20年展25日開幕 印刷
2017年 10月 30日(月曜日) 23:02

伝説上の聖獣、龍をテーマにした企画展「龍を描く-天地の気」が25日、北茨城市大津町の県天心記念五浦美術館で開幕する。14世紀の南北朝時代から現代に至る日本画の名品を一堂にそろえ、龍に挑んだ画家たちの表現の軌跡をたどる。会期は11月26日まで。開館20年を迎えた同館の本年度メインの展覧会。「思想家、岡倉天心が思い描いた龍」「仏画に描かれた龍」「寺社建築に登場する龍」などの切り口から55点を展示。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

3 / 12 ページ