経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
高知県
高知で観光イベント「龍馬に大接近」 特設展望台から太平洋を一望  印刷
2016年 5月 09日(月曜日) 11:07

高知・桂浜公園(高知市浦戸)で4月9日、観光イベント「龍馬に大接近」が始まり、多くの観光客でにぎわいを見せていると高知経済新聞が報じた。1993年に始まり、今回で29回目となる同イベント。毎年4月上旬~5月下旬、10月上旬~11月下旬に開催され、休日には約800人の観光客が訪れにぎわいを見せる。龍馬像の隣に設営された約13メートルの特設展望台を上がると、龍馬像と同じ目線で太平洋を見ることができる。

 
高知県の岡崎さんがどぶろく日本一 淡麗の部で2年連続  印刷
2016年 4月 12日(火曜日) 22:25

高知県香南市吉川町吉原でどぶろく造りに取り組む岡崎祝寿さんの「香南のいぶき」が、3月上旬に新潟県で開かれた第11回全国どぶろくコンテストの「淡麗の部」で最優秀賞に輝いた。最高位を獲得するのは2015年に続いて2度目で、岡崎さんは「また来年に向けて、うまい酒を造りたい」と意気込んでいる。

 
高知の高級おしり紙「うさぎ」 「おもてなしセレクション2016」で特別賞 印刷
2016年 3月 20日(日曜日) 00:55

高知の望月製紙(土佐市北池中沢)が製造する高級トイレットペーパー「うさぎ」が2日、「おもてなしセレクション2016」で特別賞を受賞したと高知経済新聞が報じた。外国人を含めた審査員が「日本独自の魅力を備えているか」「現代人のライフスタイルに適応しているか」などの項目について審査を行い、全国から応募のあった274点の中から金賞23点、特別賞3点を選んだ。

 
高知の自動車部品メーカーが「竹のフローリング材」販売 「レクサス基準」で 印刷
2016年 2月 25日(木曜日) 23:34

高知の自動車部品メーカー「ミロクテクノウッド」(南国市篠原)が1月、県産の竹を使ったフローリング材の販売を始めたと高知経済新聞が報じた。2012年に同材を使った自動車ハンドルを世界初開発し、「四国産業技術大賞」などの賞を受賞した同社。自動車メーカー「トヨタ」の高級車「レクサス」にも採用され、注目を集めた。今回商品化したフローリング材は、高知県南国市の中山間地域で3年以上育てた孟宗竹(もうそうちく)を使う。

 
高知の「世界一薄い和紙」に世界が注目 技術生かし重要文化財の修復も 印刷
2016年 2月 06日(土曜日) 01:05

高知・日高村にある「ひだか和紙」(高岡郡日高村)が製造する「土佐典具帳紙」が「世界で最も薄い紙」として注目を集めていると高知経済新聞が報じた。1平方メートルの重さ約1.6グラム、厚さ0.02ミリの極薄の同紙。別名「カゲロウの羽」といわれ、手のひらにのせると「手相」がはっきり見えるほど。国内では「浅草寺宝蔵門の吽形像」「東京国立博物館アイヌの盆表面」、国外は「大英博物館」「ルーブル美術館」などの絵画、古文書、仏像の修復に使われてきた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

6 / 10 ページ