経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
大阪府
関西エリア最大規模のコインショー開催 印刷
2016年 6月 17日(金曜日) 09:20

大阪市中央区の「OMMビル」にて、日本全国のコインディーラー33社が参加する『第14回大阪コインショー』が6月17日から開催される。コインショーとしては関西最大級の貨幣展示即売会となる。国内や海外のコイン、戦国時代や江戸時代の大判小判など、普段目にすることのできない稀少な品々が一堂に会するコインショー。

 
大阪駅に“おもてなし案内所”大阪府とJR西が開設へ 外貨両替、海外宅配などもワンストップ提供 印刷
2016年 5月 25日(水曜日) 18:10

急増する外国人観光客に対応しようと、大阪府がJR西日本と共同で、大阪駅構内に新たな観光案内所「大阪おもてなしステーション」(仮称)を開設することが20日、分かった。運営には府が来年1月から導入する宿泊税を活用。観光案内に加え、外貨両替や海外宅配といったニーズの高いサービスをまとめて提供する「ワンストップ案内所」を目指す。

 
四天王寺で恒例行事「舞楽大法要」、平安絵巻ほうふつ 印刷
2016年 4月 27日(水曜日) 22:34

四天王寺(大阪市天王寺区)で22日、恒例行事「聖霊会舞楽大法要」が執り行われたとあべの経済新聞が報じた。同寺を創建した聖徳太子の命日(旧暦2月22日)にちなんだ毎年4月22日に行われる同法要。同寺で約1400年の歴史を誇る最も重要な行事で、聖霊会の舞楽は重要無形民俗文化財にも指定。平安時代には都の貴族の四天王寺詣の楽しみだったとも伝わる。

 
大阪で、ミキモトのティアラ展 印刷
2016年 4月 07日(木曜日) 09:13

古来より皇室や王室といった高貴な女性を輝かせてきたティアラ。皇室ご用達であるミキモトのティアラ展が、1日から梅田の「ヒルトンプラザ イースト」(大阪市北区)で開催されている。大正時代に作られたティアラから、平成のティアラまで約10点を展示。ミキモトの創業者・御木本幸吉は、創業当初から職人にヨーロッパの宝飾技術を学ばせ、ジュエリーの中でも高度な技術力を必要とするティアラを、日本で初めて製作した。

 
大阪高島屋で「大東北展」 メーンは商店街イメージの食堂 印刷
2016年 3月 14日(月曜日) 22:41

高島屋大阪店で9日、東北各地のグルメを集めた「大東北展」が始まったとなんば経済新聞が報じた。2012年3月から始まった同展は今回で5回目。広報の稲川達也さんは「回を重ねるごとに出店者らの親睦が深まり、より活気が増している」と話す。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

9 / 13 ページ