経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
山梨県
河口御師の家「梅屋」 140年ぶり営業再開 印刷
2016年 9月 12日(月曜日) 23:26

明治初期に廃業した富士河口湖町河口の御師の家「梅屋」が、約140年ぶりに営業を再開したと山梨日日新聞が報じた。27代目当主の本庄元直さん(67)が、かつて富士山に登る富士講信者を受け入れていた母屋隣の自宅を民宿にし、7月にオープン。母屋では「河口御師」の史料などを展示している。本庄さんは「御師文化を知るきっかけにしてほしい」と話している。

 
城下町の雰囲気を演出 甲府で11日「小江戸夏祭り」 印刷
2016年 8月 19日(金曜日) 21:39

甲府市は11日、舞鶴城公園(甲府市丸の内)で「2016小江戸甲府の夏祭り」を開く。今年から11日が「山の日」として祝日となるため初めて企画、かつて江戸から学者や文化人、役者などが往来し「小江戸」と呼ばれた甲府を舞台に城下町の雰囲気を楽しむ祭りにする。市外や県外からの帰省客や観光客需要を狙う。

 
山中湖花の都公園で夏のイベント 百日草・サンパチェンスなど見頃 印刷
2016年 7月 28日(木曜日) 22:57

花の都公園(山梨県山中湖村)で現在、夏のイベント「夏の清風」を開催していると富士山経済新聞が報じた。同園では現在、100万本の「百日草」、1万株の「サンパチェンス」、北米原産のあじさい「アナベル」の花が見頃を迎えており、富士山と花の競演を楽しむ客らでにぎわっている。イベント期間中は、トウモロコシや百日草の摘み取り体験ができるほか、オリジナルの鉛筆やブローチなどが作れる「夏休みホームワークスタジオ」や、園内「清流の里」でのバーベキュー(予約制)が楽しめる。

 
富士山山開き 入山料7~8割が協力 印刷
2016年 7月 04日(月曜日) 22:27

富士山の山梨県側が山開きを迎えた1日、県は5合目に新設したゲートで今シーズンの入山料(協力金)徴収をスタートさせたと山梨日日新聞が報じた。登山道入り口でゲートに誘導された多くの登山者が支払いに応じ、県の担当者は「初日は7~8割の登山者に協力が得られた」と徴収率アップへ手応えを強調。

 
富士山クリーン作戦、前期会場に山中湖畔 印刷
2016年 6月 10日(金曜日) 19:02

山梨日日新聞によれば公益財団法人富士山をきれいにする会(野口英一理事長)は2日、富士吉田・山日YBS富士吉田総支社で理事会を開いた。8月6日に行う富士山環境美化前期クリーン作戦の分散会場は山中湖周辺とし、後期クリーン作戦は9月16日に実施することが報告された。野口理事長は「今年は富士山をきれいにする会が発足して55年を迎え、節目の年。本年度の事業も協力してほしい」とあいさつした。

最終更新 2016年 6月 10日(金曜日) 19:03
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

10 / 16 ページ

関連記事