経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
山梨県
富士山クリーン作戦、前期会場に山中湖畔 印刷
2016年 6月 10日(金曜日) 19:02

山梨日日新聞によれば公益財団法人富士山をきれいにする会(野口英一理事長)は2日、富士吉田・山日YBS富士吉田総支社で理事会を開いた。8月6日に行う富士山環境美化前期クリーン作戦の分散会場は山中湖周辺とし、後期クリーン作戦は9月16日に実施することが報告された。野口理事長は「今年は富士山をきれいにする会が発足して55年を迎え、節目の年。本年度の事業も協力してほしい」とあいさつした。

最終更新 2016年 6月 10日(金曜日) 19:03
 
「燃料電池バレー」へ弾み 山梨県工業センターに性能評価室 印刷
2016年 5月 19日(木曜日) 22:08

県は4月25日、燃料電池の性能、耐久性を評価する「燃料電池評価室」を県工業技術センター(甲府市大津町)に開設した。国の燃料電池プロジェクトの一環として創設。県内外の企業や大学、研究機関が開発した燃料電池の新技術を客観的に評価する。

 
山梨県甲府市に本社を移転  OKIセンサデバイスが新社屋を公開 印刷
2016年 4月 24日(日曜日) 00:03

OKIセンサデバイスは6日、4日付で本社をこれまでの東京立川市から山梨県甲府市に移転させたことを記念する式典を開催。併せて3月末に完成したばかりの新社屋や工場の様子などを報道陣に公開した。同社が本社移転を決定したのは、もともと甲府市にリードスイッチの生産工場を有していたことに加え、本社機能を地方に移転した企業の税制を優遇する改正地域再生法が後押ししたことによるもの。

 
カゴメ、ベビーリーフ菜園を山梨県北杜市に開設、農業振興連携協定を県と締結 印刷
2016年 4月 01日(金曜日) 00:21

カゴメは、ベビーリーフを生産する菜園を山梨県北杜市に、11月をめどに開設する。首都圏に向けた供給拠点として活用し、今後見込まれる市場拡大に対応する。これに合わせて農業の振興と発展に関する連携協定を同県と締結し、県産農産物の生産増と、農産物を生かした商品開発などで連携施策を推進する。ベビーリーフは野菜の幼葉で、健康によい効果をもたらす成分が含まれるうえ、食感がやわらかく、サラダやさまざまな料理のトッピングで生のまま食べられる。

 
東京駅と河口湖・山中湖間で高速バス運行開始 運行は1日12往復 印刷
2016年 3月 09日(水曜日) 20:24

富士急行(山梨県富士吉田市)は3月1日から、東京駅八重洲北口の「鉄鋼ビルディング」新バスターミナルと、富士急ハイランド・富士山駅・河口湖駅・忍野・山中湖を結ぶ高速バスの運行を始めると富士山経済新聞が報じた。路線名は「東京線(鉄鋼ビル)~富士急ハイランド・富士五湖線」。運行会社は富士急山梨バスと富士急行観光。1日12往復の運行で、そのうち1日1往復は東京ドームホテルを、1日2往復は山中湖を、それぞれ経由する。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

10 / 15 ページ

関連記事